メサ日記

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポンポン山登山記

12月上旬の土曜日。

暖かく雲一つない晴天の日であった。

 

基本的に休みの日に「予定」という概念のない私はいつものように時間を持て余し、その日は家で朝からペルソナ5をプレイしていた。

一休みして何気なくネットを見たところ、明日の日曜が雨であるという情報が流れてきた。

 

「明日雨なら、天気の良い今日はどこかに出かけたほうがいいんじゃないか…?」

 

ふと私はそう思った。

 

 

しかし、これが間違いだった…

 

 

あまりの天気の良さに、私は突然登山に行こうと思い立ったのだ。

 

近場で手頃な山はないか調べてみる。

 

ポンポン山という変な名前の山が目に入った。大阪と京都にまたがってそびえている山のようで、標高も低かった。

 

「これならサクッと登って帰ってこれるだろう」

そう思った私はすぐに家を出た。

時刻は12時をまわっていた。

 

 

これがいけなかったのだ…

 

 

高槻駅で食料と飲み物などを買い、そこから市営バスに乗る。

 

f:id:kuwaharaan:20161206074539j:image

 

バスがしばらく走るとこんな感じの、大阪とは思えないほどのド田舎の風景が見えてきた。

私は田舎に行くとテンションが上がる人間なので、テンションが上がった。

 

 

バスを降りて看板に従ってちょっと歩くと、山の入り口が見えてきた。

 

f:id:kuwaharaan:20161206074814j:image

 

こわい(率直な感想)

 

なんとも不吉な雰囲気漂う山の入り口であった。

 

 

ふと時計を見るともう14時半であった。

冬のこんな時間から山に入ることに対する本能的な抵抗感がとてもすごかったが、せっかくここまで来たのに帰るのもまたエネルギーを使うので、何も考えずに進んでみることにした。

 

f:id:kuwaharaan:20161208191125j:image

 

しぱらく歩くと、何かよく分からないものが吊るされてあって怖かったが、天気も良いのでどんどん進んでいった。

 

 

10分ぐらい歩くと神峰山寺という大きな山寺に到着した。

 事前に調べた情報によると、そこから一時間ほど登ると本山寺という山寺があり、さらにそこから一時間ほど登ると山頂に着くらしい。

 

 

そこで私は気がついた。

これは…山頂にたどり着く前に日が暮れてしまうのでは…?

 

ここで引き返したほうが良いのではという気持ちになってきた。

しかしこんなところで引き返したら何の為にここまで来たのか分からなくなる…

 

逡巡の末、考えるのが面倒になった私は「何も考えない」という選択肢を選んだ。

何も考えずに山頂に向かって進み始めたのだ。

 

 

これがいけなかった…

 

 

登り始めたのはいいものの、行けども行けどもアスファルトの道であった。

アスファルトの坂道を歩くのは山道を歩くよりも疲れる。

私はへとへとになりながら次のチェックポイントの本山寺にたどり着いた。

 

f:id:kuwaharaan:20161211100552j:image

この空襲で破壊されたような鳥居のある本山寺の石階段でパンを食べた。もう足が限界なので本当に引き返そうと思ったが、パンを食べたら少し元気になったので腹をくくって山頂まで登ることにした。

 

 

しかし、これがいけなかったのだ…

 

 

本山寺までは下りの登山客とも何人かすれ違ったが、ここから先は人に遭うことが皆無であった。人の気配が無い、逢魔が時の山中。道中やたら目にする「熊に注意」の張り紙。こわい。

 

熊対策と孤独対策のため、私はスマホから最大音量で音楽を流した。「weezer」 の曲をひたすら流しながら登ってたらなんとなく楽しくなってきた。 

 

思えばスマホさえあれば暗くなってもライトを照らすことができるので何も問題はないのである。4回充電できるモバイルバッテリーも持ってきている。何も心配することはない…と急に元気になった私は気炎を吐いた。これがいけなかったのに…

 

 

 

 

f:id:kuwaharaan:20161214072739j:image

 

何とか日が暮れる直前に山頂に到達するとこができた。

 

山頂は看板があるだけで、特に見晴らしが良いわけでもなかった。昼なら見晴らしがいいのかもしれないが暗いからよくわからなかった。

 

 

さて降りる前にスマホを充電しなければ、とリュックをあさり、私は重大なことに気がついた。

 

 

バイルバッテリーのケーブルを家に忘れてきた。

 

 

なんてことだ…

打ちひしがれる私をよそに、ちょうどスマホの電池が完全に切れた。

 

 

もう考えている余裕もないので、早歩きで下山を始めた。

途中で完全に日が暮れてしまったので、暗くて足元が良くわからない。下りの道は妙にけもの道だったのでひたすら怖かった。そして熊も怖い。もう音楽は鳴らせないのでひたすら歌を歌いながら下山していった。(あ~~~~暗い~~~かえり~~たい~~という歌詞のオリジナルソング)

 

 

しばらく歩くとアスファルトの道に出た。ここまで足元が暗すぎて何度も転びそうになっていた私は、舗装された道を歩けることを神に感謝した。

 

これで帰れる…

バス停まで2キロという看板が見えたがまるでへっちゃらである。30分ほど歩いて難なくバス停までたどり着いた。

 

 

しかし、最大の危機はここでやってきた

 

バス停でJR高槻駅行きのバスの時間を確認してみると、次のバスは70分後と書いてある。

 

 

まずい…

 

 

私はバス停に辿り着きさえすれば家に帰れるとばかり思い込んでいて、待ち時間という概念が消失していたのだ。

 

完全に山をなめていた私は妙に薄着で、しかも結構汗をかいている。周りには何も無い。

ちょっと先の電光掲示板には「5」という数字が表示されている。考えたくないがあれは恐らく現在の気温のことだろう。このままでは、凍…死…

 

 

しかしちょっと歩いた先に喫茶店のような店があり、そこに入ってバスの時間までホットコーヒーをすすることで事なきを得たのであった。

 

この店がなかったら恐らく私は死んでいたであろう。なつかしの歌謡曲がうるさく感じるほどの爆音で流れている店で、私は身も心も回復した。

親切にも一口サイズのバウムクーヘンまでくれた店主のおばさん、本当にありがとう…ここに感謝の気持ちを記したい。

 

 

そしてバスに乗って家に帰った。

 

色々書いたけど楽しかったです。

 

 

~fin~

 

 

新しい遊びを提案するシリーズ①「属性しりとり」

f:id:kuwaharaan:20161201070151p:plain

 

娯楽が飽和状態にある現代。

 

 

今時「しりとり」なんかやっても当然盛り上がりませよね。

 

 

 

 

そこで今回は、僕が考えた全く新しいしりとりである「属性しりとり」を提案したいと思います。

 

 

 

皆さんも是非今すぐに友人と、家族と、恋人と、同僚と、憎き敵(かたき)と一緒にプレイして頂ければ幸いです。

 

 

 

それでは属性しりとりのルールを説明します。

 

 

 

・使用する属性は「火」「水」「木」「光」「闇」の5種類。

・5つの属性ワードを順番に繋げていく。

 

 

 

 

以上です。

 

 

勘のいい貴方はもうお分かりですね。

 

 

 

実際にやってみましょう。

 

 

まずは火属性から

 

花火

 

 

 

花火は言うまでもなく火属性ですね。

続いて水属性のワードに繋げます。

 

 

ビール

ビールは液体なので当然水属性です。

 

 

続いて木属性

 

 

ルイージ

ルイージは緑色なので木属性です。

 

 

続いて光属性

 

 

 

ジャニーズ

ジャニーズは輝いているので光属性です。

 

 

最後に闇属性

 

 

 

頭蓋骨

頭蓋骨すなわちドクロは大体闇属性です。

 

 

 

こんな感じでまた火属性に戻ります。

 

もう要領はつかめましたね。

 

 

それではまた頭蓋骨の「つ」から、一気にいきましょう。

 

 

 

辻希美

(よくブログが炎上するから火属性)

 

(「水」は水属性の「元素ワード」です。元素ワードで繋げると大幅にポイントが入ります)

 

ズッキーニ

(野菜は全部木属性)

 

ニーチェ

(死ぬ直前に「もっと光を…」と言ってたので光属性)

 

チェリーボーイ

(チェリーボーイは闇属性)

 

 

 

どんどんいきます。

 

 

 

イフリート

(火属性)

 

トイレ

(水属性)

 

レタス

(木属性)

  

彗星

(光属性)

 

医療ミス

(闇属性)

 

スクワット

(火属性)

 

トマトジュース

(水属性)

 

(木属性)

 

ギンギラギンにさりげなく

(光属性)

 

クソ野郎

(闇属性)

 

牛の丸焼き

(火属性)

 

キリンビール

(水属性)

 

ルソン島

(木属性)

 

ウェーイ系

(光属性)

 

陰キャラ

(闇属性)

 

ラーバ

(火属性)

 

バナナジュース

(水属性)

 

すのこ

(木属性)

 

(光属性)

 

違和感

(闇属性)

 

 

とまあこんな感じで「ん」がついてしまったら普通のしりとりと同じように負けになるので、「ん」だけはつかないように気をつけましょう。こんな遊びは絶対にやらないという人は気をつけなくても良いです。健康にだけ気をつけて生きていきましょう。

 

~Fin~

 

ファミマのうまいパンベスト5

僕の家や職場の周りには何かの呪いかというほどにファミマしかありません。

必然的に毎日ファミマのパンを食べる生活になるんですが、その中で僕がうまいと思ったパンをランキング形式にして発表したい欲求が抑えきれないので発表します。画像がでかくてすいません。

 

 

 

 

 

5位 豊かな味わい渋川入りマロンクリームパイ(税込 138円)

f:id:kuwaharaan:20160915200134j:image

この9月に発売されたばかりの期間限定パンが並み居る強豪を抑えてのランクイン。このパンがどうとかいうより栗のクリームってなんであんなにうまいんですかね?栗のクリームが色んな穴から無限に出てきてほしい。

 

 

 

 

 

4位 和風ツナパン(税込 108円)

f:id:kuwaharaan:20160915200142j:image

ずっと昔から食べ続けているパン。初めて食べた時はめちゃくちゃうまい!と思ったもんですがもう十年以上このパン食べ続けているのでさすがに飽きてきました。それでも食べ続ける…安いから…

 

 

 

 

 

3位 ベーコン&エッグデニッシュ(税込 128円)

f:id:kuwaharaan:20160915200149j:image

ベーコンとデニッシュの相性は言うまでもないですがこのパンは馬鹿みたいに単純な味のケチャップがたくさんかかってておいしいです。ケチャップを摂取したい人におすすめ。

 

 

 

 

 

2位 男爵コロッケ&たまごドッグ(税込 138円)

f:id:kuwaharaan:20160915200158j:image

このパンはそのまま食べたら大してうまくもないんですがチンしてパンもコロッケもたまごもふにゃふにゃ状態にすることによって爆発的なうまさになります。牛乳と一緒に流し込むとよりうまいです。カロリー?気にすんな。

 

 

 

 

 

 

1位 チョコ好きのためのチョコクロワッサン(税込み 108円)

f:id:kuwaharaan:20160915200204j:image

ダントツの1位です。先週は4回食べました。中にかったい板チョコみたいなのが入ってるのが最高。クロワッサンはふわふわ、板チョコはゴリゴリで心はウキウキです。食べすぎて若干飽きてきたんですけどファミマのパンは基本的にそんなに魅力的なものがないのでひたすらにこれを買うしかない…朝はいつもパンコーナーを5分ほどかけて行ったり来たりした後で結局いつものこれをレジに持っていくのが僕の日課になりつつあります。栄枯盛衰激しいコンビニのパンコーナーですが、このパンだけはずっと売り続けてくれよなファミマ!

 

 

 

というわけでファミマのうまいと思うパンをランキング形式にして紹介させて頂きましたが、パンはセブンが一番うまいと思います。

 

 

 

「君の名は。」感想(ネタバレ)

www.youtube.com

 

君の名は。」観てきました~~!

 

これまで新海監督の作品は「秒速5センチメートル」「言の葉の庭」だけ観ましたが、そこまで好きというわけでもなく、「君の名は」も予告編観て「まあ…映像は綺麗だけど、いつもの感じのやつだろう…」という印象しかなかったのですが、結論から言うといつもの感じのやつとは違った!いい意味で思てたんと違う!!

 

今思うとこの予告編が非常によくできてますね…まあこういう話だろうという予想がいい感じに裏切られた。

 

 

 

以下、良かったところとちょっと不満だったところ(ネタバレ有)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・単なる男女入れ替わりてんやわんやラブストーリーじゃなかった。

予告編を見る限り、この映画は男女入れ替わりてんやわんやモノなんだなって思いますよね。えっ思わない…?

僕は完全にそういう話だと思い込んで観てたので、この手の話でお決まりの「それぞれが異なる性のあれこれに四苦八苦する」というシーンがほとんど無くて見ててびっくりしました。(せいぜいおっぱいとちんちんを触る程度)

それどころか両者が入れ替わり生活に馴染むまでをラッドウィンプスの曲と共にダイジェストでお送りするという鬼のような巻きっぷりに唖然としました。曲が終わる頃にはもう入れ替わり時の共同ルール出来ちゃってるよ!!そこに至るまでの紆余曲折あれこれがこの手の話の一番面白い所なのに…!

駄目だ…新海誠…ストーリーの作り方が全くわかってないんだ…!などととホノオ君のごとく嘆いていましたが、途中で瀧と三葉の入れ替わりには三年の時間差があり、瀧の時間軸では三葉の町は三年前の彗星衝突で消滅しているということが判明、これはめっちゃ驚きました。みんなも驚きましたよね?えっ特に驚かなかった…?入れ替わりに時間差があるってすごくいいアイデアじゃないですか?えっそんなことない…?

そんなわけでこの映画が男女入れ替わりてんやわんやモノじゃなくて、未曾有の大災害を回避するためてんやわんやモノだと分かり、序盤のそういったお約束の流れを超速で流していたのも納得しました。それを差し引いても上映時間をもっと長くして序盤はもうちょっとゆっくり描いて欲しかったですが、とにかく予想しなかったストーリー展開で素直にハラハラしながら楽しく観られました。

 

 

 

・ものすごい作画で田舎と都会どちらの良さも描かれている。

相変わらず風景描写がめちゃ美しく、田舎と都会どっちの世界も魅力的に描かれていたのが良かったです。三葉の町(名前忘れた)の「観光地かよ」ってレベルの美しすぎる田舎ぶりも最高ですし、瀧の暮らす東京の風景も前作「言の葉の庭」と同じように非常に魅力的に描かれています。

三葉が東京に憧れる田舎の女の子って設定で、瀧に入れ替わって都会生活を満喫するところを見て「なんだかんだで自分の故郷の良さを再確認して最終的には神社を継いて暮らしていくENDなのかな…?」とちょっと思ったんですがそんなこともなかった。そういう色々あったけど自分の世界に納まるみたいな展開は嫌だったので。「やっぱり私、この村が好き…!」みたいなことを言い出さなくて良かった…!

 

 

 

友人達が全員いい人

嫌な人がほとんど出てこなかったのが良かったです。三葉の父親が唯一ちょっと嫌な感じでしたが、あれもストーリー上必要な障害って感じであまり嫌悪感も無かったですね。瀧と三葉は両者とも良い友人達に囲まれており…というか「行くあても分からない人探しに自腹で新幹線乗って付き合ってくれる」「町に彗星が落ちるという妄言を疑うこともなく変電所を爆破してくれる」といった信じられないほどのいい人ぶり。特にてっしーに関しては出しゃばって三葉に告白したりしてめんどくさい展開にしてくれなかったのが好感もてます。圧倒的バイタリティと硬派さを併せ持つナイスガイですね。

 

 

 

・「言の葉の庭」の雪野先生が出てくる。

まさか前作のキャラが出てくるとは思わなかったので嬉しかったです。万葉集といえばこの人って感じで呼ばれたんでしょうか。「言の葉の庭」の話のあと転勤したのが三葉の町の学校だったってことだと思うんですが、そのまま彗星衝突して町人全員死んでた場合、雪野先生の人生が悲惨すぎるのでちゃんと避難して三葉たちと同じく助かったと信じたい。

 

 

 

 

・瀧が三葉の体になっておっぱいを触るシーンが何度もある。

入れ替わりものでよくあるシーンですが、一度ならず何度もこれがあったのが良かったです。理由は特に無いですが良かったです。

 

 

 

 

 

 

【ちょっと不満だったところ】

・そうは言っても序盤の入れ替わり生活に馴染むまでが巻きすぎ。

・入れ替わりのルールがわかりにくい。特に後半ふわふわしていて勢いで乗り切った感じ。

・互いの世界に三年の時差があることに二人とも全然気づかないのが不自然。「なんかおかしいな」的な描写を申し訳程度にでも入れて欲しかった(僕が気づいてないだけであったのかもしれません)特に電車で三葉が瀧に会うシーンは「瀧くんなんか幼くね?」となんで思わないのか謎。中年のオッサンなら三年やそこらで見た目大して変わらないけどティーンエージャーの三年はデカイぞ…

・互いの名前を忘れてしまう描写の必要性がよくわからなかった。「君の名は」というタイトルありきの設定である感じがした。

 ・ラッドウィンプスの曲がいくらなんでも挿入されすぎ。

・「君の前前前世から~」と高らかと歌ってるのに、前世とかの話じゃなかった。

 

 

 

 

とまあ、ちょっと不満な点もありましたがそれを帳消しにするぐらい見どころのある映画だったと思います!!最高!!

 

 

納得いかないさかなへんの漢字ベスト10

良いことなんて何一つ無い人生でむしゃくしゃするので魚偏(さかなへん)の漢字に当たり散らしたいと思います。

さかなへんの漢字!!納得いかへんぞ~~~~~クソ~~~~~~!!!

 

 

 

 

10位 鮭(さけ)

字に土が二つも入ってるけど鮭(さけ)にそんな土の要素ある?無い。

 

 

 

 

9位 鮪(まぐろ)

鮪(まぐろ)は「有り」とかそんなレベルじゃなくおいしい。

 

 

 

8位 鮑(あわび)

どうひいき目に見ても鮑(あわび)は魚ではない。ふざけるな。

 

 

 

 

 

7位 鰹(かつお)

言うほど堅いか?確かにかつおぶしの削ってない状態のやつは堅いけど、あの状態にしたらどんな魚だって堅いと思う。

 

 

 

 

 

6位 鮱(ぼら)

鮱(ぼら)って魚のことあまり知らないんですがそんなに老けてるんですか?そんなに老けてないよきっと。いい加減にしろ。

 

 

 

 

 

5位 鮒(ふな)

一体何が付いてるんですか?寄生虫

 

 

 

 

 

4位 鱚(きす)

確かに鱚(きす)はうまいから食べた人間は喜ぶが、大体の魚はうまいから鱚(きす)だけ喜びという字が入ってるのはおかしいと思います。絶対におかしい。いい加減にしろ。

 

 

 

 

 

3位 鮫(さめ)

鮫(さめ)と交わったら死ぬ。

 

 

 

 

 

2位 鯡(にしん)

魚に非ずってどういうことじゃボケェ~~~~~~!!どう見ても魚じゃろがい~~~~~!!!クッソ~~~~!!!!

 

 

 

 

1位 鰯(いわし)

確かに鰯(いわし)は強そうな魚ではないが、生まれながらにして弱い魚と名付けられた鰯(いわし)の気持ちを考えたことあるんですか?傲慢な人間どもよ…

 

 

 

 

おさかな天国

おさかな天国